おさかな

乳幼児向け絵本

『いただきます ごちそうさま』

いもむしさんが「いただきます」と、キャベツをパリパリむしゃむしゃ食べています。食べ終わったいもむしさんは「ごちそうさま」と去っていきます。 ページをめくると今度はヘビさんがやってきて「いただきます」と、タマゴをごくりと飲み込みます。タマゴを食べ終わったヘビさんも「ごちそうさま」と去っていきます。 「いただきます」と「ごちそうさま」の言葉と食べては去っていくという繰り返しで、挨拶を楽しむことができる、動物たちの切り絵が可愛い絵本です。[対象:0歳から]
幼児向け絵本

『しょうぼうじどうしゃ じぷた』

消防署のすみっこに古いジープを改造した消防車のじぷたがいました。ある日、じぷたは1人で隣の村の火事に消火活動へ向かいます。[対象:4歳~]
幼児向け絵本

『あおくんときいろちゃん』

青色のあおくんには、同じ青色のパパとママがいいました。そして赤やオレンジなど、色々な色の友達もたくさんいます。中でも、きいろちゃんとは1番の仲良しでした。 ある日、ママにお留守番を頼まれたあおくんでしたが、どうしてもきいろちゃんと遊びたくなって、きいろちゃんの家に遊びに行ってしまいます。[対象:3歳から]
乳幼児向け絵本

『ぱか ぱか』

ぱかぱか ぱかぱか とウマが駆けていきます。ウマは道中、石や花をぽーんと飛び越えます。 餌に夢中になっているハトたちの上だってひょいっと飛び越えてしまいます。 太い線で力強いタッチのイラストで、ウマの駆ける姿や足音が楽しい絵本です。[対象:0歳から]
小学生向け絵本

『ランドセルは海を越えて』

みなさんは使い終わったランドセルをアフガニスタンの子どもたちに贈る活動があることをご存じでしょうか。そんな戦争中のアフガニスタンで、ランドセルを受け取った子どもたちはどのような生活をしているのか、アフガニスタンで写真を撮っている作者が、戦争の中でも生きる子どもたちを写した写真絵本です。[対象:小学校中学年・高学年]
幼児向け絵本

『ちびゴリラのちびちび』

生まれたその日から、森の動物たちみんなが大好きなちびゴリラのちびちび。ですがある日、その森で何かが起こって・・・子どもへの深い愛情が伝わってくるロングセラー絵本です。[対象:乳幼児・幼児]
幼児向け絵本

『ぐるんぱのようちえん』

いつもひとりぼっちのゾウぐるんぱは、町に働きに出ることになりました。ですがどこで働いてもお店の人からは「もうけっこう」と追い出されてばかり、ですがやがて子どもがたくさんいるお母さんに出会って・・・ゾウのぐるんぱが大切な居場所をみつけるまでのおはなしです。[対象:幼児・小学校低学年]
幼児向け絵本

『「へてか へねかめ」おふろでね』

そうたのお風呂でのお約束。湯船に浸かっておじいちゃんと一緒に「へてか へねかめ かめかめ かめか・・・」と唱えます。口にするたびになんだか楽しくなってくる、お風呂の絵本です。[対象:3歳から]
幼児向け絵本

『さくら』

今年の春から次の年の春まで、サクラの1年を見ることができる知識の絵本です。[対象:幼児・小学校低学年]
幼児向け絵本

『ひとあし ひとあし』

長さを測ることができるシャクトリムシは鳥に食べられそうになると、長さを測ることで鳥から食べられることを逃れます。しかしある朝、ナイチンゲールから「歌」の長さを測ってと言われ・・・[対象:幼児・小学校低学年]
スポンサーリンク