『おきにいりのしろいドレスをきてレストランにいきました』

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

赤い靴を履いてお気に入りの白いドレスをきた女の子は家族と一緒にレストランへやってきました。
美味しそうなオムライスを食べようと、スプーンを口元へ運ぶと・・・
なんとオムライスがスプーンから落ち、お気に入りのドレスの上へ。”ががががーん”と女の子のショックが引き起こす、なんとも不思議なオノマトペやツッコミどころ満載の絵が楽しい絵本です。

おすすめポイント

よくみて見ると”びびびびーん”とビンが震えていたり、”ふらいぱーん”や”ぷりりりーん”と不思議なオノマトペ(?)とともにフライパンやプリンも現れたりと、女の子のショックの効果音につられて様々なものや人が町の色々なところからワサワサと現れます。
大人も子どもも一緒になって笑ったり、オノマトペを声に出して楽しみながら読める1冊です。
そしてラストは、なんとも不思議な終わり方をします。そのオチは是非とも読んで体験してください。

本の情報

『おきにいりのしろいドレスをきて レストランにいきました』
渡辺 朋 作 / 高畠 那生 絵
出版社:童心社
発行:2023.5
対象年齢:3歳から
読み聞かせ時間:3分
ISBN:978-4-494-01249-7

タイトルとURLをコピーしました