『もくもくやかん』

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

ギラギラと何日も雨が降っていないある日、ヤカンが”ちゃっぽん ちゃっぽん”と音を出しながら仲間のポットや赤ヤカン、ジョウロや急須の元へやってきます。集まったヤカンたちはみんな一緒に準備体操。そして大きく息を吸い込んで何かを始めるみたいです。
かがくい ひろしさんの描くヤカンたちの、雨が少し楽しくなるおはなしです。

おすすめポイント

『だるまさんが』シリーズでお馴染みのかがくい ひろしさんの描くヤカンたちのおはなしです。
かがくい さんの描くヤカンたちが一丸になって何かをしようと奮闘するシーンは、みんな必死に頑張っている様子に思わず応援したくなります。一生懸命なのはヤカンたちの豊かな表情から、とても伝わってくるのに何をしようとしているのか想像できず、ページをめくる度にどんな風におはなしが進むのか、ドキドキワクワクしながら想像して読むことができます。
ラストのシーンではみんなの頑張りのおかげでとんでもないことが起き、みんなハッピーになります。
どのようなラストを迎えるのか?是非実際に読んで体験してもらいたいです。

本の情報

『もくもくやかん』
かがくい ひろし 作・絵
出版社:講談社
発行:2007.5
対象年齢:2歳から
読み聞かせ時間:3分
ISBN:978-4-06-132353-7

タイトルとURLをコピーしました