ゆうれいと どろぼう

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

幽霊が風に吹かれていると ついよろけて泥沼の中へ落ちてしまいます。そのまま川に入って流れていると川下で洗濯をしていたおばあさんが洗濯物に泥が付くと幽霊に対して怒り、幽霊を洗濯してしまいます。洗濯のおかげできれいになった幽霊でしたが、洗いすぎて 顔も洗い流されてしまい、のっぺらぼうになってしまいました。さすがに不憫に思ったのかおばあさんが顔を描いてあげますが、おばあさんは絵が下手!四苦八苦しながらも やっと顔が戻ったと思えば今度は泥棒が現れて・・・
波乱万丈、怒涛の展開の くろだかおる と せなけいこ の「ゆうれい」シリーズの絵本です。

おすすめポイント

今回も幽霊が少し可哀そうな目に合ってしまう幽霊の絵本です。泥沼に落ちてついた泥をおばあさんに折角キレイにしてしてもらいますが顔も無くなってしまったり、おばあさんが新しい顔を描いてくれるというと絶妙に下手な顔を描かれてしまったりと、見ているのも面白くクスりと笑えます。また、一難去ってまた一難、やっと落ち着いてもう眠れるかと思いきや今度は泥棒がと、テンポよく お話が進んでいくため、笑いながら楽しめる素敵な「ゆうれい」シリーズの1冊です!

本の情報

『ゆうれいと どろぼう』
くろだ かおる 作 / せな けいこ 絵
出版社:ひかりのくに
対象年齢:3歳~5歳
ISBN:978-4-564-01845-9

タイトルとURLをコピーしました