リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

図書館で本を読むのが好きな小ネズミ。ある日、図書館から帰ると仲間のネズミが見当たりません。新しいネズミ捕りにやられてしまったようです。残った仲間も海の向こうの安全な国へ逃げました。

小ネズミは仲間の元へ向かうため、町を出ようとしますが町にはたくさんの猫がおり、町から出ることができません。そんなとき偶然見かけた蝙蝠を見て小ネズミは閃きました。

「そうだ、空を飛んでいこう!」

失敗ながらも図書館で得た知識を使い、試行錯誤し、飛行機を作っていきます。はたして小ネズミは無事に仲間のいる国へたどり着くことができるのでしょうか?

巻末では飛行機の歴史もイラストで見ることができます。

おすすめポイント

細かいイラストで読むたびに新しい発見がある絵本です。また主人公の小ネズミも、失敗しながらも何故失敗したかを考え、持っている知識を総動員して前に進んでいく姿に心を動かされます。
飛行機が好きな子どもはもちろん、初めての物語絵本を読む子どもにもおすすめの絵本です。

📚本の情報

『リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険』
トーベン・クールマン 作 / 金原瑞人 訳
出版社:ブロンズ新社
対象年齢:6歳~
ISBN:978-4-89309-600-5


タイトルとURLをコピーしました