『きみのそばに いるよ』

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

この森は夜になると、様々な小さな動物たちが月の下で優しい言葉でおしゃべりをしています。
今宵の月の下ではどのような動物がおしゃべりをするのでしょうか。

月の満ち欠けとともに描かれる美しい夜空と、優しく温かい気持ちになる言葉(動物たちのおしゃべり)が何かに気がつかせてくれる絵本です。

おすすめポイント

優しくて温かみがあるイラストで月の満ち欠けや、優しい言葉をを感じることができる絵本です。
月齢ごとに形の変わる月が浮かぶ、夜の景色がとても美しく、大人や思春期に突入して気持ちや感情に大きな変化が訪れる小学校高学年から中学生にも伝えたいメッセージとしてプレゼントしても良いかもしれません。直接伝えるには少し照れ臭いけど、相手に「あなたのことが大切」と伝えたいときには特にピッタリです。
絵本は子どもだけのものではなく、成長した子どもへも気持ちや感情を伝えてくれる事を改めて感じられます。

本の情報

『きみのそばに いるよ』
いぬい さえこ 作・絵
出版社:パイ インターナショナル
発行:2023.8
対象年齢:小学校高学年から
ISBN:978-4-7562-5756-7

タイトルとURLをコピーしました