化石のよぶ 声が聞こえる

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

ウェンディは他の人が気が付かない、素敵なものを見つける天才です。授業が終わると直ぐに外へ飛び出し、宝探しの冒険に出かけます。丘を登り、山を歩き、面白い形の石やキレイな羽、他にも素敵な写真をたくさん撮って自分の部屋に飾る生活を送っていました。ある日、遠足で言ったバッドエンドでサンゴの化石の欠片を見つけたウェンディは化石から感じられる素敵な物語に夢中になり、化石探しにのめりこみます。そしてやがて彼女は自分の名前を付ける恐竜の化石を見つけたのでした。
実在する化石ハンターの絵本です。

おすすめポイント

実際に活躍している化石ハンターについて描かれた絵本です。彼女の目から見る世界がとてもキラキラ輝いていて、とても興味深く・楽しく感じられます。
伝記絵本ですが、文字の多さなど感じさせず文章も固くないため、伝記に読みなれていない子どもでも読みやすいです。

巻末には化石ハンターのなり方、化石探しのコツやルールから、化石学者の対談も収録されており、自分のやりたいことを仕事にすることはどういうことかなど書かれているため、自分の夢や働くことについての考え方の参考にもなります。

読み終わった後、何か自分にとって素敵なものを探しに行きたくなる、とてもワクワクする絵本です。

📚本の情報

『化石のよぶ 声が聞こえる 天才恐竜ハンター ウェンディ・スロボーダ』
へレイン・ベッカー 作 / サンドラ・デュメイ 絵 / 木村 由莉 訳・監修
出版社:くもん出版
対象年齢:6歳~
ISBN:978-4-7743-3389-2

タイトルとURLをコピーしました