ミッフィーとマティスさん

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

ミッフィーがハサミで色紙を切っていると、勢い余って変な形に切ってしまいました。そこへお父さんが「色と形の組み合わせ次第で色々な絵が生み出せるんだよ」と世界的画家であるアンリ・マティスの作品を一緒に見ながら教えてくれます。そして一緒に絵を見ながら自由な発想で色々なことを想像し楽しんでいきます。
マティスの切り絵が子どもたちが自由な発想を持つ手助けになり、子どもに芸術や絵画の世界に触れる機会を与え、友情や創造力を育む大切さを教えてくれるミッフィーの絵本です。

おすすめポイント

みんなが大好きなミッフィー(うさこちゃん)が世界的に有名な画家アンリ・マティスの晩年の切り絵作品について見ていく「こどもと絵で話そう」シリーズ、第2作目です。
切り絵というシンプルに切ったり破ったりした様々な色形の紙を組み合わせて作る作品で、子どもの身近な積み木や星の形に当てはめながら子どもにも直感的にわかりやすく、美術・芸術について優しく教えてくれます。好きな形や色の紙を自分の想像する・感じるように組み合わせて生み出すことができる切り絵は、子どもが初めて触れる芸術作品としても向いているかもしれません。
子どもと一緒に美術館へ出かけるキッカケなど、初めて触れる芸術の絵本としておすすめの絵本です。
絵本の巻末には掲載された絵についての解説もついています。

📚本の情報

『ミッフィーとマティスさん』
菊地 敦己 構成 / 国井 美果 文
出版社: 美術出版社
ISBN:978-4-5684-3083-7



タイトルとURLをコピーしました