『ねーずみ ねーずみ どーこ いきゃ?』

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

「ネーズミ ネーズミ どこ行きゃ?(どこへ行くの?) 」とページをめくると小ネズミが我が巣のお母さんネズミのもとへ ちゅっちゅくちゅ と帰っていきます。
更にページをめくると今度は子ウサギ。ぴょん たか ぴょん と我が巣へ帰っていきます。
ページをめくる度に、色々な動物たちが自分の大切な居場所・休める場所へ帰っていく わらべ歌の絵本です。

おすすめポイント

ネズミやウサギ、こぐまに人間のはなちゃんとたくさんの友だちが次々に登場する、わらべ歌「ねずみねずみ」をもとにした絵本です。
ページをめくる度に たったか とっとこ と色々な友だちが、お母さんの元へ帰っていく姿はとても楽しそうで、「絵の中の大切な家族と落ち着ける居場所で安らいだ表情」が読んでいる人やおはなしを聞いている子どもたちの心を温かくしてくれます。また、わらべ歌の優しく落ち着いたテンポや音色で読むことができるため、おはなしを心地よく聞くことができ、より絵本の世界へ入り込めます。
お母さんやお父さんとのスキンシップが好きな赤ちゃんと一緒に、親子で楽しむことができ、歌も自分たちなりに子どもの好きな動物や子ども自身の名前を使ってアレンジして、自由にわらべ歌を楽しむこともできます。
巻末には歌詞や楽譜、遊び方や遊び方のポイントまで載っているため、初めてでも安心して子どもとわらべ歌を楽しめます。

本の情報

『ねーずみ ねーずみ どーこ いきゃ?』
こが ようこ 構成・文 / 降矢 なな 絵
出版社:童心社
対象年齢:0歳~
ISBN:978-4-494-01257-2

タイトルとURLをコピーしました