じゅげむ

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

自分の子どもにつける名前を悩んでいた夫婦は、お寺の和尚さんにめでたい名前を聞きに行きます。しかし沢山教えてもらっためでたい名前から1つを選べなかった夫婦は、聞いてきた名前をすべて子どもの名前につけることにしました。有名な落語を川端誠さんのインパクトのあるイラストで読める絵本です。

おすすめポイント

落語の中でも特に有名な『じゅげむ』の絵本です。
呪文のように長いじゅげむの名前を親子で声に出して読むだけでも面白い絵本で、物語後半のいろいろな人が名前を言うシーンでは子どもにウケること間違いなしで、落語絵本の入門編として最適です。
また「子どもの名前には親の願いが込められている」というメッセージも入っており、成長した子どもに読むと、また違った感想を想い・感じるのかもしれません。

📚本の情報

書名『落語絵本4 じゅげむ』
川端 誠 作・絵
出版社:クレヨンハウス
対象年齢:6歳~
ISBN:978-4-9063-7980-4

タイトルとURLをコピーしました