東京さんぽ絵本

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

東京さんぽは、白い雪が降り積もる”冬”の東京駅から始まります。銀座やアメ横、皇居に新宿御苑や神保町に浅草、スカイツリーまで!
夏の花火など、季節ごとに東京の見せる景色や歩く人々の服装は変わり、様々な表情をみせてくれます。
アニメで美術監督を務めた阿部 行夫さんの描く、まるで東京の色々な場所を”さんぽ”しながら観光しているかのような気分にさせてくれる絵本です。
ページを開くと一面に広がる夕焼けに照らされた東京や夜景はとても美しいですよ。

おすすめポイント

普段は学校通いや買い物で寄ったり、家族でちょっとしたお出かけで出かけたりと、何気ない生活の背景として溶け込んでいる景色ですが、このような絵本の形になってじっくりと見てみると新しい発見や感じることがあります。
また、見開きページいっぱいに描かれた絵にはそれぞれ豆知識も書かれており、東京についても少し詳しくなることもできます。
アニメーション美術監督が描く、東京の美しい四季が描かれた絵本です。

本の情報

『東京さんぽ絵本』
阿部 行夫 作
出版社:文溪堂
対象年齢:3歳~
ISBN:978-4-7999-0238-7

タイトルとURLをコピーしました