『とりさん なんのぎょうれつ?』

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

「ようこそ おこしいただき ありがとうございます」
案内係の九官鳥に誘導されて色んな種類の鳥たちが並んでいます。
なにやら楽しいことが始まるみたいですよ。一体何が始まるのでしょうか?
カラフルで華やかな鳥や、街中などで見かける身近な鳥まで、様々な鳥が見られる絵本です。

おすすめポイント

オームラトモコさんの描く人気シリーズ、今作は様々な特徴を持つ鳥たちが並んでいます。
普段からお散歩などのお出かけ中にも見かけられるスズメやツバメ、ハトから動物園で見られるクジャクやハシビロコウまで色々な種類の鳥たちが総勢50羽(案内係の九官鳥を含めると51羽)も見ることができます。
「この鳥しってるね」「どの鳥が気に入った」などコミュニケーションを取りながら読みやすい内容で、子どもと一緒にワイワイと会話を楽しむのにうってつけの1冊です。
自分の知っている鳥を探すのもヨシ。動物園や花鳥園のオトモにするもヨシの絵本。鳥たちが並んでいるだけなのに、鳥どうしの会話や動きが可愛らしく、楽しいので是非読んでみてください。

本の情報

『とりさん なんの ぎょうれつ?』
オームラトモコ 作・絵
出版社:ポプラ社
対象年齢:3歳~
ISBN:978-4-591-17747-1

タイトルとURLをコピーしました