ねこざかな

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

魚を頭から食べるのが好きな食いしん坊のネコがいました。ネコは大きな赤い魚を釣り上げ、頭から食べようと大きく口を開けて魚を食べようとしましたが、魚も負けじと大きく口を開き、なんとネコを丸呑みしてしまいました。しかし、ネコは魚のおなかに入ったまま一緒に海を泳いでいると、なんだかだんだん楽しくなってきました。そんな中、突如目の前にサメが現れます。2匹は一体どうなってしまうのでしょうか?

おすすめポイント

大人気「ねこざかな」シリーズの第1作目です。一度見たら忘れられないデザインのキャラクター「ねこざかな」。ネコと魚の最初の出会いは釣りでネコが魚を食べるためだったとは驚きです。
ネコと魚がねこざかなになった後も、お互いの良いところを一緒に共有して2匹仲良く楽しんだり、のんびり過ごすところからは種族を超えた友情や家族のような安心感を感じられます。
また「ねこざかな」シリーズは旧版の『ねこざかな』以外は全て仕掛けが付いたシリーズの絵本のため、仕掛けを楽しみながら読み進められるところもポイントです。是非他のシリーズ本と一緒に楽しんでいただきたい1冊です。

📚本の情報

『ねこざかな』
わたなべ ゆういち 作・絵
出版社:フレーベル館
対象年齢:3歳~
ISBN:978-4-5770-4937-2

タイトルとURLをコピーしました