バムとケロのそらのたび

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

月曜日の朝、バムとケロがパンケーキを食べていると、バムのおじいちゃんから山のような数の小包と手紙が届きました。小包を開けてみると、なんと中に入っていたのは組み立て式の飛行機でした。そして手紙は屋根裏にある大事な本を持って誕生日のお祝いに来てほしいとのこと。
バムとケロは早速、飛行機を組み立て、おじいさんの下へ向かいます。
バムとケロの絵本、今回は空の旅のおはなしです。

おすすめポイント

「バムとケロ」シリーズ、第2作目です。
おじいちゃんの送ってきた飛行機の部品を組み立てるシーンは物を作る楽しみが伝わってきて、読んでいてワクワクしてきます。
おじいちゃんの家までの空路は、イモムシがたくさんいるリンゴの洞窟やカボチャがたくさん噴き出るカボチャ火山など、たくさんの障害がいっぱい!障害を通る度にワクワクハラハラします。
また、障害を抜ける度にイモムシやカボチャなど少しづつ飛行機の搭乗キャラや物が増えていくので、何が増えたか探すのも楽しいです。

本の情報

『バムとケロのそらのたび』
島田 ゆか 作
出版社:文溪堂
対象年齢:3歳~
ISBN:978-4-89423-092-7

タイトルとURLをコピーしました