いたずらのすきなけんちくか

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

新しくできた図書館にやってきた兄妹は建物内で黒い服を着た不思議な雰囲気の建築家と出会い、館内を案内してもらいます。図書館というにはとても特徴的な構造をしているその建物を見て回りながら、建築についての様々な疑問について考えていきます。

おすすめポイント

実際にある図書館「こども本の森 中之島」についての絵本です。また、作中に出てくる不思議な建築家はその図書館を手掛けた安藤忠雄さんがモチーフです。
原作が建築家のため、建物のどこに・なぜ居心地の良さを感じるのか?などわかりやすく描かれており、家や建築に興味のない子どもも楽しく読むことができます。
また実際にある施設のため、この絵本を読んでから実際に図書館に足を運ぶとより楽しめる、そんな絵本です。

📚本の情報

『いたずらのすきなけんちくか』
安藤 忠雄 原作 / はた こうしろう 絵
出版社:小学館
対象年齢:5歳~
ISBN:978-4-09-725056-2

タイトルとURLをコピーしました