まじょが かぜをひいたらね

本ページはプロモーションが含まれています

内容紹介

風邪をひいた時、魔女はどんな風に風邪を治しているのでしょうか?病院に行く?それともママの作った手料理を食べる?それともお薬を飲む?身体を温めて寝る?
いいえ、どれも間違いです。では魔女はどうやって風邪を治しているか?ちょっぴり風邪を引いた魔女の様子を見てみましょう。
”クスリ”と笑えるハロウィンにピッタリな魔女のおはなしです。

おすすめポイント

『ペンギンたんけんたい』や『モンスター・ホテル』シリーズなど数多くのベストセラーの児童書の絵も手掛けている作家 高畠 純の絵で楽しむことができる、高畠 じゅん子の紡ぐ ちょっぴりおかしなダジャレと魔女を組み合わせた絵本です。
ハロウィンシーズンは勿論ですが、ダジャレも多様されているので、言葉遊びなど様々な言葉に触れたり、語感を楽しむのにも適しています。
絵本を聞いている子どもたちと一緒に絵本にツッコみながら是非一緒に楽しんでください。

本の情報

『まじょが かぜをひいたらね』
高畠 じゅん子 作 / 高畠 純 絵
出版社:理論社
対象年齢:3歳~
読み聞かせ時間:3分
ISBN:978-4-652-20105-3

タイトルとURLをコピーしました